どうか、がま磯ポジショニングマップをご覧ください。

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 ファルシオン 1.5号 5.3m

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 ファルシオン 1.5号 5.3m


がまかつ(Gamakatsu) がま磯 ファルシオン 1.5号 5.3m

●どうか、がま磯ポジショニングマップをご覧ください。

従来であれば、張りのある竿は「先調子」。

柔軟性のある竿は「胴調子」に属しているのですが、「がま磯・ファルシオンは張りがあるにも関わらず胴調子のポジションに属しています。

これは、操作時は張りがあることで軽快な操作が可能で、さらに魚が掛かれば胴調子特有の粘りを発揮することを意味しています。

磯竿において重量なファクターである張りと粘りは相反するものであり、両立するのは非常に困難でした。

この問題を解決したのが、新素材「T1100Gカーボン」とセパレートグリップの同時採用です。

「T1100Gカーボン」は磯竿に非常に適した張りがあり、かつ最強クラスの強度を併せ持った新素材。

肉厚にすることなく軽さを追求しながら粘りと強さが出せるようになりました。

また、セパレートグリップの採用により、元竿までがしっかりと曲り、不意の大型の突進でも受け止め、細ハリスにも対応可能な胴調子に仕上げました。

さらにリールシートには、新形状のオリジナルスクリューシートを採用。

リールを強固に固定できることはもちろん、握りやすさやグリップ力、レバーブレーキ操作のしやすさに徹底的にこ

●号数:1.5

●標準全長(m):5.3

●標準自重(g):215

●仕舞寸法(cm):116.5

●使用材料(%):C 99.4 : G 0.6

●モーメント:24.6

●継数(本):5

●先径(mm):0.75

●元径(mm):17.2

●錘負荷(号):1.5-4

●適正ハリス(号):1.25-4

●対象魚:オナガグレ、クチブトグレ、チヌ

●※T1100G…「T1100G」とは、東レ(株)が次世代航空宇宙向けに開発した、世界最高クラスの引張強度を誇る、高強度かつ高弾性化を図った炭素繊維です。

●※(NANOALLOY(R)(ナノアロイ(R)))技術とは、複数のポリマーをナノメートルオーダーで微分散させることで、従来材料と比較して飛躍的な特性向上を発現させることができる、東レ社独自の革新的微細構造制御技術です。

C=カーボンファイバー、G=グラスファイバー

●※モーメント=標準自重(kg)x竿尻から重心までの長さ(cm)

●※上記の竿はエポキシ樹脂を使用しています。

「釣り」&オススメ商品