ヒラスズキや青物に衝かれたアングラー待望の、パワークラス「5」の鈎軸線径。

オーナー針 スティンガートリプルフック ST-56 #4

オーナー針 スティンガートリプルフック ST-56 #4


オーナー針 スティンガートリプルフック ST-56 #4

●ヒラスズキや青物に衝かれたアングラー待望の、パワークラス「5」の鈎軸線径。

ST-46やST-41等の「4」クラスよりもさらにパワーアップしたモデルです。

強引な「抜きやズリ上げ」がランディングの主流となる磯のゲームで、この鈎の真価が最大に発揮されます。

また特に、複数本フックを持つルアーのような、複数の鈎掛かりという優位性のないジグミノーやジグ等の単鈎ルアーのテールフックには、絶妙なそのウェイトが飛距離と強度を確保します。

フォルムはST-46とほぼ同じです。

が、実は鈎先のテーパーに関してのみ、ST-46ほどのロングテーパーにはなっておりません。

これは鈎先のコンタクトが激しいフィールド特性や、MHクラス以上のタックルによって充分に得られるフッキングパワーとのバランスを想定した結果です。

つまりST-46と比較するなら、「刺さり」よりも「耐久性」を優先してあります。

まさに「ヒラを抜く、青物のランを止める」それがST-56を象徴するイメージです。

●フックサイズ:#4

●入り数:5

●魚種:シーバス、ヒラマサ、ブリ

●形態:ルアー用フック

●カテゴリー:トリプルフック

「ルアー用品」&オススメ商品