【琳派葡萄柄】たわわに果実が実ること、どこまでも蔓が伸びることで縁起の良い葡萄蔦柄を琳派の表現で織り出しました。【西陣屈指の難しさ。

「源次郎」手織り袋帯(仕立上り)黒1

「源次郎」手織り袋帯(仕立上り)黒1


「源次郎」手織り袋帯(仕立上り)黒1

『源次郎にしかできない太箔織』太箔は織り込む際に折れやすく、神経を使いますが、「源次郎」の職人、手機がそれを克服し、真似のできない一本を織り上げています。

【琳派葡萄柄】たわわに果実が実ること、どこまでも蔓が伸びることで縁起の良い葡萄蔦柄を琳派の表現で織り出しました。

【西陣屈指の難しさ。

太箔を手機で織り上げ】太箔は扱いが大変難しく、熟練の職人でも一本の帯を仕上げるのに約25日もかかるほど。

「源次郎」では手機織りに誇りを持つ女性職人が手間ひまをかけて、一本一本丁寧に織り上げています。

【驚くほど軽く、結び心地や…

「和服 帯」&オススメ商品