南部鉄器の香炉でたゆたう煙と香りを。

南部鉄器の香炉(岩鋳)

南部鉄器の香炉(岩鋳)


南部鉄器の香炉(岩鋳)

鉄の重厚感とキュートなカラーがセンスのいいたたずまい。

南部鉄器の一貫生産を行う「岩鋳(いわちゅう)」のもの。

くり抜いたモチーフから煙と共に心地いい香りが運ばれて心も癒されます。

高い耐熱性と安定感にあふれた南部鉄器の香炉。

香炉灰を入れ、その上にお香をのせてお楽しみください。

立ち上る煙とともに心地よい香りが部屋に広がり、焚き終わった後もほんのり残り香が楽しめます。

四季折々の風情を色とくりぬき模様で表現したデザインはインテリアのアクセントにも。

【盛岡の南部鉄器】盛岡市の南部鉄器は、約400年前、当時の南部藩主が京都から盛岡に釜師を招いて茶の湯釜を作らせたのが始まり。

盛岡には古くから砂鉄、岩鉄などの良質な鉄資源や、川砂、粘土、漆、木炭など原料がすべて地元で産出されたので、鋳物産業に最適の立地条件。

以来、歴代藩主の保護育成と自然が鉄器製造を発展させ、伝統工芸品として今では海外にまで裾野を広げています。

日本各地の素敵な雑貨をあつめました!

『ローカル雑貨に出会う旅。』特集はコチラ≫⃒≫⃒

(販売予定:平成29年3月25日迄。)

「アロマグッズ」&オススメ商品